のんびり人生

のんびりとした人生を送りたい人が始めてみたブログ。日常で起こったことや気になったことを紹介しています。

iOS11にしてから画面が勝手に暗くなる?その原因は明るさの自動調節のせいだった!

IPhoneのコントロールセンターの画面

iOS11のアップデートの通知が出ていてしばらくは無視をしていたのですが、先日ついにアップデートしてみました。

 iOS11になり、コントロールセンターが新しくなったり、運転中モードの追加、キーボードの片手モードの追加、そして画面の録画ができるようになったりと、色々と新しくなったようです。

しかし私が今あげた以外でiOS11にしてから、どうしても気になったことが1つあります。それは、画面の明るさが勝手に変わってしまうことです。

今回はその原因がわかりましたのでご紹介していきます。

 

 

画面の明るさが勝手に変わってしまう

最初はアップデートした後、画面の明るさが明るいなーと思ったので、新しくなったコントロールセンターから画面の明るさを好みの明るさに変更しました。

しかし、ふとした時に開くと「あれ?またちょっと明るいな」と感じたため、また少し明るさを下げました。

そしてまた時間をおいてからちょっと暗い所で画面を開く今度は「画面が暗い!」なんてことが度々ありました。

 

何度かそんなことを繰り返しているうちに、これはおそらく明るさの自動調節が働いているんだろうと気づきました。ということで、明るさの自動調節の場所を探しました。

 

明るさの自動調整を探していきます

こういうものは、大体「設定」から行うものだろうと思い、「設定」をタップ。

そうしたらさっそく「画面表示と明るさ」があるじゃないか!やったね!

 

IPhoneの設定画面IPhoneの画面表示と明るさの設定画面

 

そう思ったのもつかの間、「画面表示と明るさ」の中を見てみたものの、そこには「明るさの自動調節」の項目がない!なんだってー!!

 

いや、だが絶対にどこかにあるはずだ!と思い「設定」の中を隅から隅まで探してみて、ようやく見つけることができました。

 

画面の明るさ自動調節の場所はここだ!

画面の明るさ自動調節の場所を、画像と一緒にご紹介します。

 

1.設定の「一般」→「アクセシビリティ」

IPhoneの設定画面の一般を選択IPhoneの設定、一般の中にあるアクセシビリティを選択

 

 

2.「ディスプレイ調整」→「明るさの自動調節」で自動調節をオフへ

アクセシビリティの中にあるディスプレイの調整を選択ディスプレイ調整の明るさの自動調節をオフにする

 

ここをオフにしてからは、ようやく画面の明るさが変化することはなくなりました。

見つかってよかったー!

 

しかし、ちょっとわかりずらいところにありましたね。アクセシビリティの中にあるなんて気づきますかね。「画面表示と明るさ」のところではダメだったのでしょうか?

でも何はともあれ、見つけることができてよかったです。

 

新しくなったiOS11で明るさ自動調整の場所がわからず困っている人は、参考にしてみてください。

それでは今回はこのへんで。