のんびり人生

のんびりとした人生を送りたい人が始めてみたブログ。日常で起こったことや気になったことを紹介しています。

一人鍋には「鍋キューブ」がおすすめ!お鍋以外にも使えて便利!

鍋キューブの濃厚白湯・鶏だしうま塩・寄せ鍋しょうゆの画像

ずいぶんと寒くなってきて、すっかりとお鍋の時期がやってきましたね。

お鍋と言えば最近は鍋キューブをよく使っています。

鍋キューブは少量ずつ使うことができてとても重宝しています。

以前の記事でもそんな鍋キューブを使って出来る、簡単なちゃんぽん麺の作り方をご紹介しました。

ちなみにその時の記事はこちらです。 

www.huzino-life.com

 

こちらの商品もちろん普通にお鍋として食べても十分に美味しいんですが、お鍋以外にも使えて大変便利です!

そこで今回は、鍋キューブの良さについておすすめしていきたいと思います。

 

 

鍋キューブってどんなもの?

鍋キューブとは何かというと、「味の素」から発売されている「固形のお鍋つゆの素」です。

固形のキューブ1個で1人前のお鍋を作ることができるので、作る量を調節することができます。一人鍋が簡単にすることができます。

 また作り方も簡単で、鍋に水と鍋キューブを入れるだけで鍋のつゆへと早変わり。

あとは好きな野菜やお肉を入れるだけ!

お鍋はやっぱりこの手軽さで美味しいのが嬉しいですよね。

 

鍋キューブの種類は8種類ある

私はまだ3種類しか食べたことないですが、鍋キューブの種類は8種類あります。

 

「鶏だし・うま塩」

「濃厚白湯」

「寄せ鍋しょうゆ」

「10種の野菜だし鍋」

「ピリ辛キムチ」

「とんこつ味噌」

「まろやか豆乳鍋」

「スープカレー鍋」

 

この8種類です。どれも美味しそうですね!

 この中で私は、「鶏だし・うま塩」、「濃厚白湯」、「寄せ鍋しょうゆ」の3種類を食べました。この3種類中だと私は「濃厚白湯」がおすすめです!

 

※追記(2018年10月6日)

2018年に発売されているものは、ラインナップが少し種類が変わっているようです。

「10種の野菜だし鍋」が「コクとうま味の野菜だし鍋」に名前が変更されています。

また「スープカレー鍋」がなくなり「鯛と帆立の極みだし鍋」が新商品としてラインナップされています。またパッケージも以前のものと少し変更されていてます。 

   

鍋キューブのいいところ

鍋キューブの良さってやっぱり「1人前」から作ることができることだと思います。

他のパックでスープ状のお鍋の素は、1袋が3~4人前とかになっていて、1人でちょっと食べたいときには余ってしまうのでなかなか買いませんでした。

それに一応開封後は冷蔵庫で保管できますが、早めに使わないといけないため、一人だと使いきれなくなることもあります。

しかし鍋キューブは、保存は常温で保存できますし、賞味期限もそこそこ長いので、すぐに使いきらなきゃ……と慌てることもありません。

パッケージもそんなに大きなものではないので、置いておいても場所をとることはないと思います。

 

鍋キューブを使ったレシピがたくさんある

「鍋キューブ レシピ」で検索すると、いろんな人が鍋キューブを使ったレシピを紹介しています。もし、お鍋として食べるのに飽きた場合でも、違う楽しみ方ができるので嬉しいですね!

ここでは参考に、味の素公式の鍋キューブを使ったレシピ特集のサイトを紹介しておきます。

park.ajinomoto.co.jp

 

その中で個人的に気になっているのは、「寄せ鍋しょうゆ」で作る「五目炊き込みご飯」です!その詳しいレシピはこちらから見ることができます。

五目炊き込みご飯のレシピ・作り方|味の素パークの【レシピ大百科】

 

まだ寄せ鍋しょうゆのキューブが残っているので今度作ってみようかなと思います。

 

鍋キューブについてまとめ

鍋キューブは一人鍋をする人に特におすすめしますが、人数分ずつ作れるのでみんなで食べるときにもとても使いやすいと思います。

キューブと水と野菜さえあれば、一人前からお鍋を簡単に作ることができて、さらに味のバリエーションもたくさんあって飽きることもなく、さらにそれを使ったレシピもたくさんあるそんな鍋キューブ。

私の今年の冬は、これで温まってはいかがでしょうか。それでは今回はこのへんで。