のんびり人生

のんびりとした人生を送りたい人が始めてみたブログ。日常で起こったことや気になったことを紹介しています。

2018年の年賀状は投函日に注意!52円で出すにはいつまで?

年賀状の束

 

今年も年賀状の時期がやってきましたね。みなさんは年賀状出されるのでしょうか?

やはり今はメールやLINEなどで送ってしまう方も多いかと思います。

私も今ではほとんど携帯で済ませてしまってますね。

 

ですが中には年賀状で出されている方も見えると思います。

そんな年賀状派の人には、今年の年賀状投函日は注意が必要のようです。

そのわけはこちら!

 

  

指定日以外のはがき投函は10円不足に!

郵便はがきの値段が上がったことはみなさんご存じだと思います。

以前までは52円でしたが、2017年6月より62円変更され10円ほど値上げされました。

しかし2018年の年賀はがきの値段については変更なしの52円のままだそうです。

 

ただし、年賀状を52円で出すには条件があります。

・12月15日から翌年1月7日の間に投函されたもの。

・日本郵便が発行する年賀はがきであること。

・通常はがき(私製のものを含む)の表面に「年賀」の文字を朱記したもの。

 

この上記の条件にあわないと、年賀状を52円で送ることができなくなってしまいます。

詳しくは日本郵政のHPもご覧ください。

  

もし投函指定日以外に出したらどうなるのか?

12月15日以前、1月8日以降に出した年賀はがきは、10円の料金不足となってしまいます。

しかしどうしても指定日までには間に合いそうにない。そんな方もいるかと思います。

指定日以外に出す場合は、10円切手を年賀はがきに貼って投函をする必要があります。

 

もし1月8日以降に10円切手を貼らないで年賀はがきを投函した場合は以下の通りです。

 

1月15日まで:差出人へ返送。

1月16日以降:差出人に返送あるいは送り先へ料金請求。

 

年賀状をもらったけど、10円払うのってなんかちょっと悲しいですね。

投函日を過ぎてしまうとわかっている場合は、相手が困らないように10円切手を貼って出すようにご注意ください。

 

おまけ:元旦までに届けるための日付はいつまでか?

12月15日(金)から12月25日(月)までに出した年賀状は元旦に届きます。

それ以降、12月26日(火)から28日(木)までに出した分については、可能な限り元旦に届けてくれるそうです。

 

ぎりぎりになったとしても、なるべく早くだすことにこしたことはなさそうですね。 

元旦に確実に届けたい人は、ちゃんと12月25日(月)までに出しましょう!

それでは今回はこのへんで。