のんびり人生

のんびりとした人生を送りたい人が始めてみたブログ。日常で起こったことや気になったことを紹介しています。

100均でスマホ対応手袋を購入、反応の感じなど試してみた

12月にも入りすっかり寒くなって防寒具等が必要な時期になってきました。

ということで先日近所にある100均に行った時、手袋を購入してきました。

100均で手袋を買ったことは何回かありますが、今回はスマホ対応の手袋を購入しました。スマホ対応の手袋を買ったのは今回が初めてです。 

そこで今回は100均のスマホ対応手袋の使い勝手など、使ってみた様子をご紹介します。 

 

  

100均のスマホ対応手袋買ってみた

100均で購入したスマホ対応手袋

 

今回購入した手袋はこちらです。

実は去年、ようやくスマホに変えたのでちょっと使ってみようと思って「スマホ対応手袋」を購入してみました。


写真を見てもわかるように、右手の手袋だけ他の所と違って白色をしています。

この白色の部分でスマホが使えるというわけなんですが、どうしてなんでしょうか?

見た目は普通の手袋で指先だけ色が変わっているようにしか見えません。


スマホ対応手袋の仕組みって?

スマホ対応手袋って一体どういう仕組みなのか気になったので調べてみました。

見た目は普通の手袋と同じですが一体何が違うのでしょうか。

 

まず、スマホやタブレットなどのタッチパネルは「静電容量方式」といって、指が画面をふれることで発生する微弱な電流を感知して、スマホなどの操作がでるようになっています。

ですが、普通の手袋などに使われている素材は、その微弱な電流を通すことができないため、手袋をしたままだとスマホの操作ができません。

 

そこで、スマホ対応手袋は、画面を触れた時に「電流を通すことができる素材(導電糸)」を使用して作られています。

だから手袋をしていも、タッチパネル等が反応するようになっているというわけなんですね。

  

スマホ対応手袋試してみた

仕組みもわかったことですし、とりあえずまずは使ってみることにします。

 

ホームボタンを触ってみる

まずホームボタンを、左手の「スマホ未対応」のほうで触ってみました。

当たり前のように反応しません。

※今使っているスマホはiPhone7なので、ホームボタンは物理ボタンではありません。

 

次に右手の「スマホ対応」のほうで触ってみると……ちゃんとホーム画面が表示されました!

見た目同じ手袋をしている状態なのに、反応が違うと不思議な感じですね。

 

画面操作・入力をチェック

次は「画面操作・入力」の具合をチェックしてみたいと思います。


手袋をしてない状態とまったく同じ動きとはいきませんが、少し力を込めて動かすと動く感じです。キーボードの入力や、フリック入力もちょっと力を込めてゆっくりやると入力できました。

ちょっとこれだと素早く入力するのは大変かなという感じです。

 ※後日他の手袋も購入してみましたが、そちらは意外と普通に使えました。もしかしたら当たりはずれがあるかもしれませんね。

 

試してみた結果

100均のスマホ対応手袋ですが、私としてはありだと思いました。

やっぱり手袋をしてスマホが触れるのはいいと思います。

でも手袋している分ちょっと指の幅が大きくなっているからか、ボタンの外を押してしまったりとするようなことがありましたが、慣れれば問題ないかなと思います。

 

今回私はキャンドゥで購入しましたが、キャンドゥ以外の100均にもスマホ対応手袋は置いてります。

柄はお店によっていろいろなものがあるようですので、気になった方や欲しい方は一度お近くの100均をのぞいてみてはいかがでしょうか?

  

普通の手袋をスマホ対応にする方法もある

ちなみに今使っている普通の手袋を、スマホ対応にする方法もあるようです。

私が調べたところ方法は2つありましたのでご紹介しておきます。

 

1つ目、「導電糸」使う方法。

導電糸とは先ほど上で書いた通り、電流を通すができる糸になります。

こちらを今使っている手袋の指先へ縫い付けることでスマホを触れるようにします。

 

ただし見てると、使えると言ってる人もいればあまり効果なかったような方もいらっしゃいますので、試してみる方はご注意ください。

導電糸は、アマゾンでも購入することができます。

 

2つ目、「スマホッチ」を使う方法。

スマホッチとは、手袋の指先に数滴たらすだけでスマホが使えるようになるという魔法のような液です。

ただし使える手袋の素材は決まっていて、たとえばゴムや皮の手袋は使えないようです。液体なので染み込まないような素材はダメなのかもしれませんね。

こちらもアマゾンで購入することができます。

 

今ご紹介したものは、お金もかかりますし効果も人それぞれなようですので、気になって試す方はご注意ください。

やる場合は違う手袋で試してからがいいかもしれませんね。

それでは今回はこのへんで。