のんびり人生

のんびりとした人生を送りたい人が始めてみたブログ。日常で起こったことや気になったことを紹介しています。

【Windows10】更新で有効にされたノートパソコンのタッチパッド機能を無効に直す方法。

ノートパソコンのキーボードとタッチパッド

私は普段ノートパソコンを使用していますが、カーソルの移動にはマウスを使っています。タッチパッドはどうしてもやりずらくて……。

だから、いつもはタッチパッドのを無効にしてマウスを使用しています。

 

そんなある日、急にパソコンの入力がおかしくなりました。

原因は、タッチパッドが有効に戻されていたのが理由でした。

 

またいつかそんなことがあった時のための自分の備忘録もかねて、無効にする方法を記事にしておきたいと思います。

 

 

事の発端はWindows10の更新から

先日、Windowsから重要な更新があると表示がありました。最初はさんざん無視していたのですが、ようやくこの間寝ている間に更新をかけたんです。

 

起きていつも通りパソコンを使っていると、なんか微妙に入力がおかしい。

入力したものが勝手に違う選択をされてしまう。

最初はペンタブの上に物を置いてるから誤作動かなとか思っていたのですが、ペンタブの上を片付けてみても変わらずで。

 

「なんじゃこりゃあああ!」と少しイラつき始めた時、ふと気づきました。

「あ、これタッチパッドが有効に戻されているのでは」と。

 

案の定タッチパッドだけを触ってみたら、カーソルが動く動く。 

無効にしようも、久々だから場所があんまり覚えてなくてですね。

とりあえず手探りでやっていたら場所を見つけました。

 

Windows10でタッチパッド機能を無効にする場合

1.左下のスタートメニューから歯車の形の「設定」ボタンをクリック。

Windouws10の設定ボタン

 

2.Windowsの設定が出てくるので、その中の「デバイス」をクリック。

Windouws10の設定画面

 

3.デバイスの設定画面の左側にある「タッチパッド」をクリック。

Windouws10のデバイスの設定画面

 

4.タッチパッドの設定画面が開いたら、関連する設定の「追加の設定」をクリック。

Windows10のタッチパッドの設定画面

 

5.マウスのプロパティ画面が開かれます。

マウスのプロパティ一番右のタブ、下の画像でいうと「ERAN」をクリックすると、タッチパッドの設定画面が出てきます。

ここで、「外部USBマウスが挿入されているときは無効にする」をクリックしOKをクリック。

Windows10のマスのプロパティの画面

これで、タッチパッド機能が無効になりました。

今回の場合はマウスが繋がっているときは無効なので、マウスを外せばタッチパッドは有効になります。

 

と言いたいところでしたが、私の場合ワイヤレスマウスのレシーバーを外して、タッチパッドで操作してみても動きませんでした。

なぜだ、チェックを外せばマウスとタッチパッドの両方で動くのに……。

まぁでも、そうそうマウスを外して作業をすることはないと思うので、今のところ別に問題はありませんね。タッチパッドが使いたくなったら、また上記の方法で有効にすることにします。

 

ということで、タッチパッド機能で困っている人がみえたら参考にしてみてください。

それでは今回はこのへんで。